よくあるご質問売却編

Q 「売却」が先?それとも「購入」が先?

基本的にどちらでも対応出来ますが、売却不動産にローンがある場合や、お引越しできるタイミング等により変わってきます。当店のお客様の場合は、ある程度購入するお家を絞り込んでから動く方が多いようです。

Q 不動産を売却しやすい時期や季節ってあるの?

賃貸でしたら、1月から3月が中心になりますが、売買だと常に一定のお客様がいるので、そんなに差が無いというのが実感です。強いて言えば、例年8月と12月は、不動産購入のお客様が少なくなります。

Q 住まいの売却から購入、入居まではどのくらいの期間が必要?

様々なケースがありますので、一概には言えません。売却開始から最短で1ヶ月、長い方は、売却がうまくいかず、半年~1年という方もおります。最初の売却価格の設定が何をおいても重要です。

Q 持ち家がいつまでも売れないときは、どうすればいいの?

業者買い取りという手があります。文字通り、業者さんが即金で不動産買い取りをしてくれます。デメリットとして、相場より低い金額になってしまいます。その為、買い取り業者さんの中でも、より高値で買ってくれるところを見つけてくるのも、私共の大切なお仕事です。

Q 不動産を急いで売りたいときはどうしたらいいの?

上の質問と全く同じ答えになってしまいますが、業者買い取りという手があります。文字通り、業者さんが即金で不動産買い取りをしてくれます。デメリットとして、相場より低い金額になってしまいます。その為、買い取り業者さんの中でも、より高値で買ってくれるところを見つけてくるのも、私共の大切なお仕事です。

Q 売却に関して、不動産会社はどんな事をしてくれるの?

売却査定から始まり、販売活動、売却から購入までのスケジュールのご案内、ローンの審査、不動産の抹消登記手続き等、があります。当然、お客様が購入されるお家を探したり、逆にお客様のお家を買って下さる方のローン手続きやお引継ぎに支障が出ないように、それぞれのスケジュール調整なども大切なお仕事です。

Q 不動産の売却を依頼する際の契約にはどんなものがある?

大きく分けて3種類ございます。
【専属専任媒介契約】売却の依頼者は、その売却を一社にしか依頼できません。また、依頼者自らが購入者を見つけた場合でも、直接契約が出来ません。
【専任媒介契約】売却の依頼者は、その売却を一社にしか依頼できません。また、依頼者自らが購入者を見つけた場合は、その購入者と直接契約が出来ます。
【一般媒介契約】売却の依頼者は、その売却を複数の不動産会社に同時に依頼する事が出来ます。また、依頼者自らが購入者を見つけた場合は、その購入者と直接契約が出来ます。

Q 同時に複数の不動産会社に声を掛けて大丈夫?

もちろん大丈夫です。ただし契約形式にご注意ください。上記回答にもありますように、同時に複数の不動産会社に売却の依頼をする場合、【一般媒介契約】の形式にして下さい。

Q 営業マンについて希望を言ってもいい?

大丈夫です。客観的な資料に基づき、売却のご相談をさせて頂きますが、最終的にはお客様とのお話により、売却価格等の条件を決めさせて頂いております。そのため、お客様からご希望をどんどんお話頂けるのは、売却を成功に導く為に必要不可欠になります。

Q 不動産会社を通さず、自分で売却するのは可能?

可能です。しかし、あまりお勧めは致しません。
個人様が住宅ローン、権利の移転関係、日程調整、購入者の募集等々を全て行うには、かなりハードルが高くなると思われます。また、折角ご契約までいっても、後々トラブルが起こるようでは、意味がありません。不動産会社には、契約書の他に『重要事項説明書』という書類を、国家資格である宅地建物取引主任者が購入者に説明する、という義務を負っております。
不動産会社は、無用なトラブルを回避して、健全な不動産取引を行う為に存在しておりますので、ご活用して頂くほうが、宜しいと思います。

Q 売却価格はどうやって決まる?

近隣売買価格、お家の傷み具合、日照、眺望、地域地区の特性などを確認して、適正価格をご提示致します。そのうえで、残りのローンや、販売出来る期間、お客様のご希望等を考慮して、最終的にお客様とご相談のうえ、決定致します。

Q 査定はどうやって行う?

最初は机上査定を行います。その後、実際にお家を見させて頂いております。もちろん机上査定のみのご希望も承ります。

Q 査定価格より高く価格設定しても売れる?

タイミング次第ですが、高い価格設定で売却出来たケースもありました。ただ、デメリットとして、ある程度早い段階で売れなかった場合、売却により時間が掛かる事もありました。

Q 売却価格は途中で自由に変更できる?

自由に変更出来ます。ただ、あまり変更し過ぎると、購入をご検討されている方から敬遠をされてしまう事があります。(売り急いでいるイメージや、もっと価格が下がると思われる等)。スケジュールをふまえて、効率的な価格変更が重要です。

Q 近所に内緒で売却することは出来る?

可能です。広告を一切うたず、ご登録のお客様だけにご紹介する形であれば、ご近所様に内緒で売却出来ます。ただ、ご成約は普段より遅くなる傾向にあります。

Q 買い手からの印象を良くするコツは?

ご案内時にお掃除がされていると、好印象です。きれいなお部屋はお客様を惹きつけます。

Q 売り出し前にリフォームしたほうが有利ってホント?

リフォームしてあるお部屋の方がお客様に好印象なのは、間違いありません。ただ、中には自分の好みでリフォームしたいお客様もいらっしゃいます。
また、リフォーム代金は、最初に売主様がご負担しなければならないので、販売状況を不動産屋さんに確認しながら、進めていく方が宜しいと思います。

Q 不動産の売却時にかかる費用はどんなものがある?

主に仲介手数料と登記費用です。
ご成約時に仲介手数料が発生致します。また、住宅ローンを組んでいる場合は、その抵当権を抹消する為に、抹消登記費用が必要となります。
その他、ご成約までに掛かった費用(広告宣伝費等)は、一切頂きません。もちろん、ご成約にならなかった場合も同様です。

Q 不動産の売却時にも税金は掛かる?

場合によって掛かります。
例えば売却によって利益が発生した場合(購入した金額より高く売れた)、税金が掛かります。これはケースによって違うので、個別にご確認が必要です。

Q ローン残債が多いと買い替えは無理?

そんな事はありません。残債が多くて、売却金額ではまかなえない方の買い替えも、随分やらせて頂きました。ケースバイケースなので、個別にご相談下さい。

Q 買い替え用のローンって、どんなもの?

オーバーローンというものがあります。売却しても残債が残ってしまった場合、購入先のお家のローンに、残債分を足して、住宅ローンが組める商品です。当然審査は厳しいですが、上記ローンを利用して買い替えをした方がたくさんおります。(代表の福田もその一人です)
ご相談下さい。